カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

⻁屋本舗のSDGs

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発⽬標)は、
2015年に国連総会で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を⽬指す国際⽬標です。

3つのSDGs事業

せとうち和菓⼦キャラバン

外務省 2019 JAPAN SDGs AWARD受賞。
職⼈が瀬⼾内の離島を巡り、⼦ども達と共に和菓⼦づくりを通じた郷⼟⽂化の継承と新たな地域ブランドの発掘に挑戦する。現在では和菓⼦教室の開催は年間2000⼈を数える。
▶︎ 外務省(第二回SDGsパートナーシップ賞より)
▶︎出張和菓子教室のご案内はこちら

⾼齢者活躍ダイバーシティ

厚労省2014ダイバーシティ経営100選受賞。従業員数の約50%を占める60代以上総活躍経営の促進。働きやすい業務環境や制度設計だけでなく、何よりもベテランの職⼈、販売員の多彩な“経験と知恵”を活かした様々な地域活動の実施。
▶︎厚労省(平成25年度受賞企業一覧参照)

せとうちパートナーシップ

国内外に渡る様々なパートナーシップによる課題解決と新たな伝統の創造に挑戦。JICAや国連ユニタールとの協同⽂化体験セッションの開催。希少性の⾼い地域資源を活かした新しい和菓⼦への挑戦。
▶︎国連ユニタール(SDGsリレー第12回参照)

“持続可能な社会”とは?

創業400年を迎えて尚、我々はこども達に対し、
この命題への明確な答えを持ちあわせていません。

ただ、和菓子を通じて伝えたいことがあります。
それは四季折々の美しい日本文化や、
花鳥風月の如き伝統と革新の移り変わりであります。

そう考えながら今日もまた、
職人一同お菓子を拵えれる事に心から感謝する所存です。

PAGE TOP